近年では若年層でも勃起力に不満や不安を感じることが多いそうです。好きなあの子との機会を緊張で台無しにするのは非常に勿体ない!そんな男性諸君に勧めたいのがレビトラと呼ばれるED治療薬です!レビトラは即効性がある治療薬なので飲んですぐに普段と違う勃起力を体感することができます!大切な思い出作りのためにぜひレビトラを手に取ってみてください。

考える女性
  • ホーム
  • レビトラを通販で買う場合の注意点について

レビトラを通販で買う場合の注意点について

考える男性

レビトラは有効成分としてバルデナフィルが含まれています。
バルデナフィルは即効性が大きな特徴で、空腹時に服用すれば約20分で効果が現れます。
血中濃度は約45分で最大となるため、性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的です。
レビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。病院では主に10mgか20mgの錠剤を使用してED治療が行われています。
効果の持続時間は10mgが約5時間で、20mgは約10時間です。
レビトラはドイツの製薬会社が開発したED治療薬なので、体格が小柄な日本人には10mgでも十分な効果があります。

病院でレビトラを処方してもらう場合の1錠あたりの価格は、10mgが約1500円で20mgは約1800円です。
その他に診察料などが必要なので、全部の費用を合わせると1錠あたりの価格は約3000円になります。
レビトラは通販サイトで個人輸入することも可能です。海外から個人輸入する場合は10mgも20mgも約1400円で購入できます。
通販サイトでは20mgの錠剤をまとめ買いすると価格が安くなります。
12錠まとめ買いした場合の1錠あたりの価格は約1350円で、28錠まとめ買いした場合は約1300円です。

レビトラにはめまいや頭痛、顔のほてり、鼻づまり、消化不良などの副作用が存在します。
即効性があるため服用した患者の9割以上に副作用が現れますが、症状は基本的に軽いため問題はありません。
レビトラは食事の影響を受けにくく、服用前にエネルギー量が700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事を摂取できます。
また持続時間は最長で約20時間とされます。即効性があるだけでなく扱いやすいED治療薬なので、世界中に愛用者が存在します。
一方中国などで製造されたレビトラの偽物も流通しており注意が必要です。

病院で処方されるレビトラは本物ですが、通販サイトで個人輸入する場合は偽物の可能性があります。
正体不明の添加物が含まれていて、副作用が強くなるなどの健康被害が生じることも考えられる為、レビトラを個人輸入する場合には信頼できる通販サイトを選ぶ必要があります。

偽造品を販売する業者に注意!

レビトラを通販で購入する場合には、個人の判断で使用することになるので本来の持つ効果の他に副作用が発生する可能性に注意しなければなりません。
しかし、注意点はそれだけではなく購入したレビトラが偽物である可能性も考慮しなければなりません。
本物であっても副作用の心配があるわけですから、偽物となればどのような副作用が起こるのか予想できないだけに、偽物が送られてくるリスクもしっかり理解をしておく必要があります。

日本で薬の偽造品が出回るということはほぼゼロに近いものであるため、あまり意識をすることはありませんが、海外では人気の薬ほど偽物が大量に流通をしています。
そのような中で個人輸入というかたちでレビトラを購入すれば、偽物が送られてくる可能性はゼロではないので注意しなければなりません。
偽物といって様々なものがあり、ED治療に効果のあるバルデナフィルが一切含まれていないものもあれば、含まれているものの偽造品を製造する上で余分な添加物が含まれているというものもあります。

全く効果がないというのであればマシな方で、粗悪な偽造品によって健康被害をもたらされてしまうのでレビトラに偽物は非常に恐ろしいものとなっています。
届いたレビトラが本物かどうかというのは個人では判断をすることはできませんから、出来る限りリスクを避けるためには販売する業者を選ぶことが重要です。
レビトラを購入するのであれば、通常は個人輸入代行業者を利用することになるので業者の信頼をよく確認して、少しでも怪しいと感じたら避けるようにしましょう。
レビトラを通販で購入するのは完全に自己責任となるだけに、偽物を掴まされないためにも業者の選別は欠かすことができません。