近年では若年層でも勃起力に不満や不安を感じることが多いそうです。好きなあの子との機会を緊張で台無しにするのは非常に勿体ない!そんな男性諸君に勧めたいのがレビトラと呼ばれるED治療薬です!レビトラは即効性がある治療薬なので飲んですぐに普段と違う勃起力を体感することができます!大切な思い出作りのためにぜひレビトラを手に取ってみてください。

考える女性
  • ホーム
  • レビトラの特徴は即効性にあります

レビトラの特徴は即効性にあります

緑の錠剤と葉

バイアグラとレビトラには即効性があります。
バイアグラは服用後約30分で効果が現れ、レビトラは約15分で効果が現れるのが特徴です。
いずれも服用後約1時間で血中濃度が最大となるので、性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用します。
バイアグラは食事の影響を受けやすいため、服用前に食事を摂取することはできません。
服用前に食事を摂った場合には、消化されるまで2時間ほど待ちます。
ファーストフードなど脂肪分の多い食事を摂った場合には、6時間から7時間ほど待つ必要があります。

バイアグラは食事の影響を受けやすく、特に脂肪分の多い食事を摂ると効果が半減する可能性があります。
ファーストフードなどを摂取すると、食後2時間を経過しても胃や腸に脂肪分が残っています。
バイアグラは脂肪分に取り込まれ、便となって排出されるので効果が弱くなります。
レビトラは比較的食事の影響を受けにくいED治療薬です。
服用前にエネルギー量が700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事を摂ることができます。
牛丼の並盛りなどであれば問題はありません。ただし空腹時に服用した方が効果が高まります。

バイアグラには25mgと50mg、100mgの錠剤が存在します。100mgは日本国内では未承認ですが、海外では流通しています。
使用するには個人輸入手続が必要です。
用量が多くなるほどペニスを勃起させる効果も強くなりますが、持続時間はいずれも約5時間とされています。
レビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。ただし5mgは効果が弱いためあまり使用されていません。
病院では主に10mgと20mgを使用してED治療が行われています。効果の持続時間は10mgが約5時間で、20mgは約10時間です。

バイアグラとレビトラは即効性がある点で共通しています。
一方食事の影響や持続時間に違いがあります。レビトラの方が食事の影響を受けにくいのが特徴です。
またバイアグラの持続時間は用量に関わらず約5時間ですが、レビトラは最長で約10時間にわたって効果が持続します。

レビトラは最短15分で効果が出る

ED治療薬の中でもレビトラは最も強い即効性を持っています。レビトラが登場するまではバイアグラが一強でした。
バイアグラもまた即効性に大変優れた製品であり、血中濃度が高まるまで約30分から60分程です。
性行為の一時間前に服用すれば、確かな勃起力を実感し、心身ともに充実したコンディションでセックスが始められます。

一方でレビトラはそれを凌駕するポテンシャルを持っており、血中濃度が高まるまでの速度は最短15分程です。
服用後、ほとんど待ち時間が不要であり、セックスを直ちに開始したい時に大変重宝します。
セックスの時間帯がほぼほぼ毎回決まっているカップルであれば、予め男性側が予定に合わせて服用しておく、という使い方が出来ます。

しかしセックスのタイミングは極めて曖昧なものであり、突然女性からお誘いを受ける事もあるでしょう。
レビトラは平均でも30分程度で効果を実感できる即効性に秀でたED治療薬です。
持続時間もバイアグラと比較すると長時間なのが特徴です。
一度の服用で安定した勃起力が得られ、一般的な男女であれば、3回から5回ほどのセックスが安心して楽しめます。

レビトラは食事に悪影響を受けづらい特徴もあり、既存のED治療薬のように食前しか飲めない欠点はありません。
一般的な家庭の食事量であれば、食後に服用しても効果は発現します。
空腹時に摂取すれば確実に高い勃起力を得られ、パワフルな形でペニスが勃起しますので、より豊かなセックスが体験可能です。

常識的な範囲であれば、お酒を嗜んだ後でもレビトラは服用可能であり、アルコールのリラックス効果が上手く作用する事で、より短時間にペニスの勃起が始まる事も多いです。
もちろん飲み過ぎは厳禁で、嗜む程度の量に留めなければいけません。