近年では若年層でも勃起力に不満や不安を感じることが多いそうです。好きなあの子との機会を緊張で台無しにするのは非常に勿体ない!そんな男性諸君に勧めたいのがレビトラと呼ばれるED治療薬です!レビトラは即効性がある治療薬なので飲んですぐに普段と違う勃起力を体感することができます!大切な思い出作りのためにぜひレビトラを手に取ってみてください。

考える女性
  • ホーム
  • レビトラの副作用を知っておきましょう

レビトラの副作用を知っておきましょう

持たせるカプセル

レビトラは2004年に日本では正式に許可を受けているので、もう10年以上の実績がありますので安全性には問題がない安定した薬です。
そのため今までも多くの方に処方されて、大きなトラブルになってしまったこともありません。
使い方や使う量などをしっかりと守っていれば体に異変を起こすようなことはありません。
まずは正しい使い方を確認することが重要です。

とは言っても有効成分が配合されているので、急に体内が変わってしまうためそれに体が対応できずに副作用を起こすこともあります。
その程度は人によって、体調によって異なるので感じない方もいれば、数日はレビトラの副作用を感じたという方もいます。

多い副作用としては頭痛がしたり、顔がほてり熱く感じる、下痢になるなどが多いです。
頭痛と言っても頭が重いくらいの方や激しく動くとつらいなどですので、鎮痛薬を飲んで対処することができます。
頭が痛くて起き上がれないというひどい程度の方はほぼいませんので、うまく鎮痛薬を活用するとうまく切り抜けられます。

頭痛になるのはレビトラが血管を広げて血流を良くするために、一時的に血管周りの神経を刺激してしまうことです。
しかし、神経を傷つけたり病原菌などによるものではなく一時的なものなので、しばらく安静にしていると落ち着いてきます。

最近、鎮痛剤の中でも効果の高さと市販薬になったことで手にしやすくなったロキソニンですが、併用すると効果が強くなり過ぎて危ないのではと心配する方もいるでしょう。
しかし、結果から言うと併用しても問題はありません。
互いの成分が一緒になることで効果が強くなったり、変化することはありませんので頭痛がひどいと感じているかたなら使った方が快適に過ごせます。

しかし注意したいのはロキソニンは胃粘膜にとっては刺激の強い成分が含まれています。
そのため空腹に併用すると胃があれてしまう可能性があります。逆にレビトラは空腹の方が効果がアップします。
飲む推奨タイミングが異なるので、胃が弱い方は空腹時に一緒に胃薬を飲んで胃を保護しながらが良いでしょう。

レビトラと鎮痛薬の併用は可能?

レビトラはED治療薬の中でも副作用が少ないといわれる薬です。
ですがわずかながらも副作用症状はあり「頭痛、ほてり、めまい、下痢、胃のもたれ」などが現れる場合があります。
その多くは重症化することはないため、気にしすぎる必要はありません。
これはED治療薬の作用である「血管拡張効果」が陰茎のみならず、顔や脳内、消化器官の血管にも働くために生じているもので、薬の効果が切れれば自然と治まるものです。

どうしても頭痛が気になるという場合には「頭痛薬」と併用して服用することも可能です。
特にED治療薬の副作用で生じている頭痛には「抗炎症作用」のある鎮痛薬が効果的で、「ロキソニン」などが有効となります。
ロキソニンはレビトラと効果発現時間・持続時間が非常に似ていて、服用後は「約30分」ほどで効き目が現れ、それが「約4~5時間」ほど続くため、同時に服用するとよいでしょう。
レビトラは空腹時の方がより効果が現れる一方で、ロキソニンの空腹時の服用は胃が荒れる場合があります。
そのため同時に服用するときは、食後に服用する、または一緒に胃薬を飲むようすることが大切です。

ロキソニンにも副作用があるため注意が必要です。
重篤な「血液異常、肝障害、腎障害、心機能不全」などがある方は、症状が悪化する恐れがあるためロキソニンの服用はできません。

また「ロキソニン」以外の頭痛薬でもレビトラと同時服用することは可能です。
ドラッグストアで販売されている一般的な頭痛薬「バファリン・イブクイック・セデス」などでも頭痛を抑えることができます。
ただしこの場合も使用する頭痛薬の副作用に注意すること、また同時に服用してみて体に異変を感じるような場合にはすぐに病院に相談することが大切です。